ラスト・シ~ン

ARTICLE PAGE

05 2007

久しぶりの映画

映画といっても金曜日にテレビで見たもの
「ALWAYS 三丁目の夕日」
スマさんも関係なく、ちゃんと見た映画は久しぶりでした。
公開時もあまり興味はなく、
今回はなんとなく録画してみたんだけど、
じわっと、何かを感じるストーリーでした。
やっぱりCGで作った映像という感じはありありでしたが、
色んなものが懐かしく、細かいところまで再現されてました。
あの頃の人間関係っていいなと思いながら見てました。
ご近所まるごと家族みたいな、
道路の真ん中で遊べて、それを近所の人たちがみてる風景。
みんなお金は無いけど、温かく生きてる感じで、
見てよかったなと思える映画でした。
また続きも見てみようと思います。


剛くんの「山の~~」もそんな温かい映画かな・・。
大作でも、感動ものでもなく、大ヒットとか関係なく、
お話と演技を楽しめる映画であってほしいです。

2 Comments

ponpo  

こんにちは!

小日向さんが、きつい役柄っていうのもよかったな。
「僕かの」を思い出しました。

30年代を再現して作ったドラマや映画が多いけど、
「愛と死を~」が初めだったよね。

子供にとっては暮らしやすい時代だったね、安心して外で遊べたしね。
小さいときのうちの冷蔵庫に、何故か鍵がついてたの覚えてる。金庫代わりにも使ったのかな(笑)

2007/11/06 (Tue) 13:03 | EDIT | REPLY |   

はこ  

いい映画だよねー。

今回は見なかったけど、以前放送された時に見ました。
続きが楽しみだよねー。
数年前に上映されてる時にママ友さんが観に行って
『上手く言えないけど、じわーーーってする映画なのよ。』って言ってたのを思い出したわ。

この時代の街並みのセットって、いかにもセットに見えちゃうのは仕方ないのかな。
『愛と死を~』の時もちょっと感じたんだけど。
…それでも、懐かしい~♪と素直に感じる昭和世代v-356

2007/11/06 (Tue) 01:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment